おとめな宝塚

新米そしてライトなファンによる宝塚観劇記

宝塚星組『RRR』&『Violetopia』観劇記~一流の表現者・礼真琴

星組『RRR』と『Violetopia』を観劇した。

あの痛ましい出来事のあと、初めての宝塚の観劇となる。

奇跡的に二次抽選で1階A席だが、当たった。

 

オペラグラスを忘れた。

これまで宝塚観劇で、オペラグラスを忘れたことなど一度もない。いつも家を出るときに、忘れていないかチェックする。

やはり以前ほど身が入っていないことの表れか。

 

RRRもショーも、礼さんがあまり目立っていなかった。

1789の二の舞とならないように、礼さんの負担を少なくし、以前のように歌と踊りも礼さんがひとりで背負っている状態を回避したからであろう。すなわち以前より出番が少なかったということだ。

なぜ出番が減ったら、目立たなかったのか。あとでちょっと述べてみる。

 

ショーであまり目立たなかったのは、衣装もみんな同じような服で、トップスターを前に押し出すようなつくりではなかったからだと思う。後半の宝塚の王道に沿った群舞、デュエットダンスでは、礼さんはちゃんと目立っていたから。

 

暁さんの勢いがすごかった。礼さんを喰ってしまいかねないほどの勢い。礼さんが目立たなかった理由としては、暁さんの追い上げがあるだろう。歌も、もう一段階上手くなっていたように思う。

 

礼真琴ファンとしては、芝居もショーも、ちょっともやもやしながら観ていたわけだが、ショーの後半の第7場「孤独」。礼さんは圧巻だった。

静かな歌とコンテンポラリーダンスのような表現で、劇場の空間をひとりで支配する礼さんの姿があった。歌や踊りを通して、精神性まで表現できるのは、今の宝塚では礼さんだけ。わたしはそのとき、外部の舞台に主役として立つ礼真琴を想像した。

 

宝塚の舞台では男役は、大柄な人が目立つ。暁さんを見てそう思った。

礼さんがトップになったのは、まずはスターとしての輝きがあるから。

そして身体的な不利を、非凡な歌とダンスで埋め尽くすことで、抜群の人気を誇ってきた。

柚香さんのように、ショーで2番手以下にも多くを任せて、自分は要所要所に出てくるだけで、目立つタイプではない。歌い踊りまくって、観客を圧倒してきた人。だから歌と踊りの数が減ったら、物足りなくなってしまった。

でもそれは宝塚での話。宝塚スタイルでの脚本やショーでの話。

外に出たら、礼さんは体力の限界まで歌い踊りまくらなくても、少しの歌や踊りであっても、よい脚本に出会えれば、その高い表現力で人々を魅了できる。そう、礼真琴は一流の表現者だ。

 

 

彩風咲奈という心に残るトップスター

うつくしき人、彩風咲奈。

わたしの一番の推しのトップさんは、礼真琴さんです。

でも今、誰が一番心に残り、尊敬できるトップスターだったかと問われたら、「彩風咲奈さん」と答えるでしょう。

以前にもこの日記に書いたとおり、偉大な前任者、望海風斗さんから引き継いだころは、ちょっと物足りない気がしていました。

でも徐々にトップとしての輝きや貫禄が増し、芸の技術も進化していった咲ちゃん。

『ジュエルド・パリ』で、大階段での咲ちゃんを見たときは、「もっとも大階段が似合うトップさん」だと思い、大好きになっていました。

 

その後、週刊誌で報道されたように、雪組を守った咲ちゃん。

(嘘だと思う人はいると思いますが、全部ではないにせよ、咲ちゃんが上層部に働きかけたのは本当だと思っています。)

そのころからは、人間として尊敬していました。

もちろん、咲ちゃんの舞台でのご挨拶を聞いて人格者だとは思っていましたが、尊敬の域まで達してしまいました。

 

そして退団発表での咲ちゃん。

あまりにも、きれいで、まぶしすぎて、涙が出るぐらい。

あのうつくしさは、何かに到達した人にしか出せないうつくしさ。

ずっと応援したい人。

退団をしたジェンヌさんの中で、「どんな人生を歩まれようとも、ずっと応援していたい。幸せでいてほしい」と思ったのは、咲ちゃんだけです。

咲ちゃん、輝け、最後まで、舞台で。

 

今後、宝塚とどう向き合うか

11月14日の宝塚側の会見を見ました。

全面降伏をするかと思いきや、ご遺族からパワハラがあったとされる上級生を守り、公演を通常運転に戻すことを選びましたね。

報告書の内容が、まるで自死された生徒さんの思い違いのように、聞こえたことが本当に胸が痛かったです。

ヘアアイロンによる火傷って、そんなに日常茶飯事なんですか?

だったら、医務室の記録を出してほしいですね。ええ?ないって? それはダメでしょう。案件は一つ一つ記録するのが常識では?

百歩譲って、故意ではなく事故でアイロンが当たったとするならば、謝罪のことばが絶対にあるはず。でも加害者の上級生が謝罪をしたという情報はどこにもない。これって不自然じゃないですか?

今回の会見を見終わって思ったこと、ーーまずやっぱり宙組は見ない、そしてご遺族からヘアアイロン事件の加害者とされた人の組み替え先の月組も見ない、ということです。ちなつさんには悪いけど。

他の組も見る気は失せています。

後は、これから外部に出ていく、大好きな和希そらくんや、まだ退団発表さえもないけど、礼真琴さんを、外部の公演等で応援します。

あ、咲ちゃんもね。

わたしなんて、どうせ宝塚に関しては新参者ですから。

しかし、宝塚を観劇することが、人生の喜びの大きな部分を占めている方は、葛藤が激しいことでしょう。

そういった方は、心の赴くままに行動されたらいいと思います。

劇団への失望より、見たい気持ちが勝れば見ればよいかと思います。

劇団への抗議(見ない。すなわちお金を落とさない)は、ライトファンが引き受けますから。

冒頭に書いたとおり、パワハラをしたとされる上級生を守り、公演の通常運転を選択したと思われる宝塚ですが、それが収益面では企業として最適解であったとしても、同時に変わるチャンスを失ったことを意味します。そのためまた同じことが繰り返され、信用を失い、そのことが長期的には企業として損益につながるでしょう。

宝塚について最近思うこと

一番の贔屓、礼真琴さんの休演、大好きな和希そらくんの退団発表、、という伏線があったことも災いして、今回の宙組のゴタゴタで、宝塚に対してかなり冷めてしまいました。

その冷め方は、星組のRRRのチケットを取る気があまりしない、というぐらいに重症です。いや、さすがに抽選には申し込むと思います。でもどうせ当たらないし、その場合先着順に参戦するだけの気力がわかない状況です。

宙組に関しては、少なくとも当分は観ないと思います。

*もえこちゃんが観られないのが唯一心残りです。

本日発売の文春記事。

私は読みました。

文春を読むことを恥とは思いません。人間なんて高尚でも何でもなく生来ゴシップ好きだと思っていますから。また表現の自由が侵されることのほうが怖いから、文春に対して強い怒りはないです。

彩風咲奈さんが上層部の直談判した話。

あれは本当のことのように思います。

咲ちゃんの舞台でのご挨拶を聞いていると、全方位的に心遣いができる、本当にすばらしいトップスターであることがよくわかります。その咲ちゃんなら、雪組を守るため、劇団(バックとしての阪急)に楯突くことで、今後不利な状況に置かれることもあるかもしれないのに、そんなことはものともせずに、立ち上がったのは納得できます。

咲ちゃんが雪組のトップに就任したときは、前任者の望海風斗さんに比べるとちょっと物足りない気がしていましたが、『ボニー&クライド』から、好きになっていき、『ジュエルドパリ』のショーでは、その圧巻の真ん中力にノックアウトされました。「また絶対にショーでの咲ちゃんを見たい」と強く思いました。

その咲ちゃんも、退団が見えてきたような発表が今日ありましたね。咲ちゃんの任期については、後に続く後輩のために早めに退団を決めた、ちぎ・だいもんの精神を引き継ぐと思っていたので、ベルばらで退団であっても驚きはありません。もちろん咲ちゃんをもっと見たいですが、それよりも潔く退団をする(であろう)咲ちゃんが好きです。

不思議なのは、「咲ちゃんが雪組生を守るため、上層部に物申した」という記事を読んでから、宝塚への冷めた気持ちがちょっと柔らいできたのです。少なくとも、雪組は応援したいという気持ちが芽生えました。

そういう方も多いのではないでしょうか。

保身ではなく、リーダーとして腹を括って立ち上がるという姿勢が、人の心を打つという見本だったと思います。

咲ちゃん、ずっと応援している。

和希そらの退団

宝塚のアプリがブーとなり、「雪組 退団者のお知らせ」の中に、「和希そら」を目にしたときは、思わずデカイ声で「えーーー!」と叫んでしまいました。

和希そらくん 退団

本当にショックで悲しい。。。

柚香さんも月城さんもトップだから、任期も後半にさしかかると誰もが「退団」を意識します。でもそらくんは2番手にもなっていなかったから、そらくんについての話題は「どこまで上にいけるか」であって、退団は完全にノーマークでした。

いつから和希そらが好きになったんだろう。

そらくんは、ほんと不思議な人。

トップじゃないのに、トップ並みに存在感も人気もある人だったと思う。

何でも持っている人。ダンスも歌も芝居もうまいし、トークもできる。そして愛されキャラ。

だから劇団も、トップにはできないけど、才能を惜しんで東上を2回もさせたんだと思う。

そらくんこそ、退団後何をするのだろう。

Xでは、「すぐにミュージカル界で活躍できる」と言っている人が多いですが、確かにそう。でも月城さん同様、そらくんも芸能界にいる姿があまり想像できない。

ここは「ダンス留学」と予想しよう。

そらくんはなんか極める道に進むような気がするんだよな。

「月城かなと」という人

月城かなとさんが、来年7月7日をもって、宝塚を退団されます。

わたしは宝塚のショーが大好きなので、ショーが渋めの月組は、ちょっと避けておりました(小声)。

新聞記事によると、月城さんが退団会見で、トップに就任するときに「月組を次へと繋いでいく役割をいただいた」と感じた、と述べたようです。私は、「ああ、この方は自分の置かれた状況を客観視できる聡明な人だな」と思いました。

月城さんは、「踊れない(踊らない)」と言われていますが、おそらく怪我の影響なんでしょうけど、ご自分が万全でないことを、そしてそのことで引き起こされるマイナス面は、だれよりも承知していたのでしょう。

*この私のように踊れないトップのショーは物足りないと思う人間もいるわけです。

自分の欠点に目をつぶって、手に入れた華やかな地位にしがみつく人もいるなか、本当にできた方です。

だから自分のトップとしての役割を、月組を立て直すこととし、目途がついたらあっさり次の人にトップの座を明け渡すことにしたのでしょう。

外向きには、月城さんは、踊れないことの穴埋めとして、より芝居を深化させ、歌も磨き、「芝居の月組」を率先して具現し、多くの宝塚ファンも魅了してきました。

もともと良識ある賢い方だと思っていましたが、見事な引き際です!

ところで、月城さんは退団後何をされるのでしょうか。

ダーティーな部分も持つ芸能界のようなところで、お仕事をされるところがイメージできないんですよね。

遥斗勇帆さんは現在イギリスにいて、語学学校に通いながら演劇のオーディションを受けているようですし、千海華蘭さんもカナダに語学留学中のようです。

月城さんもそんなイメージかな。

〈追記〉月城さんの留学は、リフレッシュのための留学というイメージです。

以下「毒」です。閲覧注意。

ちょっとびっくりしたのは、海乃美月さんです。

去年の夏に、月城さんから5作退団の意向を聞かされていたのに、自分の進退については保留。で同時退団の意向を伝えたのが、フリューゲルの稽古が始まる前とか???

えらく長い間保留にしていたんですね。というより、「わたしもご一緒します!」と星風さんのように、潤花のように即答せんのですか?

海乃さんの置かれた立場としては、月城さんより早くやめて、娘1の座を後輩に譲ることが最も期待されていて、ぎりぎり同時退団だったと思うのですが。。

保留にしていたということは、月城さんよりもっと長くいることも考えたってことですよね?

海乃さんは何をめざしていたの???

グレート・ギャツビーは、配信で観ました。

原作の大ファンですが、デイジーはギャツビーの人生を狂わせてしまうわけですから、デイジーにはギャツビーを虜にする圧倒的な美や魅力が必要なのですが、海乃さんではきついなと思いました。

宝塚星組東京公演『1789』LIVE配信視聴(続き)

昨日の投稿の続きです。

星組『1789』について、礼さん以外の感想をちょこちょこっと書いてみようと思います。

一度LIVE配信を見ただけですので、単なる印象論に過ぎませんが。

・極美慎(ロベスピエール役)

多くのブログで、「歌が上達!」とありました。

極美慎さんの以前の歌はあまり記憶にないのですが、昨日聞いた歌は確かに破綻はなかった。声もちゃんと出ていたので、もしトップになったとしても、合格点は付けられるというレベルにはあるでしょう(←何様ですみませんが、歌にはこだわりがあるので、お許しください。)。また今上達しているってことは、これからも上達していく可能性が十分あると思います。

最も印象に残ったのは、極美慎の表情が礼真琴さんに似ていたことです(←そこか!)。

たぶん影響を受けているんでしょうね。偉大なトップの後姿を見て育っていることは喜ばしいことです!

あとは言うまでもなく、お顔もきれいで、長身でスタイルもよく、スター性は抜群。

・・・だけど、「個性」という点でもう一歩かなあ。近いうちにそれも出てくるでしょうけど。楽しみですね。天飛華音さんといい、星組も「暁→極美→天飛」と路線が順調に続いていますね。

*一言余計ですが、「個性」とか存在感という点では、今のところ天飛さんのほうがちょっとあるかな。極美さんは顔が整いすぎているように思う(笑)。

・天華えま(ダントン役)

いやあ、素晴らしかったです。デムーラン、ロベスピエール、ダントンの3人組の中で、最も人物造形がくっきりしていました。外見、特に髪型なども超好み。3人組で役として一番印象的でした。

・暁千星(デムーラン役)

役として、あまりお得なものではない印象。途中ロベスピエールのほうが目立っていたしなあ。

ありちゃんのスター性とかもう言うまでもないのですが、そして毎度書いているのですが、歌声がくぐもっている。だからありちゃんはミュージカル向きではないと思う。あのくぐもった暗い声は、芝居向き。ありちゃんがトップになった際には、ぜひ壮大な悲劇を。

・舞空瞳(オランプ役)

もう外見としては、オランプにぴったり。これまで舞空さんが演じてきた役のなかで、今回のオランプが最も舞空さんに合っていたし、礼さんとの相性もよかったと思います。お芝居もいつもの顔を忙しく動かすだけではなく、微妙な表情もできていたように思います。特に前半。歌も十分ではあるんですが、礼さんが相手となると、うーんとしか言いようがないのがちょっとなあ。いや舞空さんは、あの礼真琴を相手に十分にやっている!

有沙瞳(マリーアントワネット役)

ちょっと特別な感情を持ってしまう有沙瞳ちゃん(その理由は昨日の投稿に書いた)。

マリーアントワネットもすばらしかったけど、『赤と黒』のレナール夫人のはまりっぷりが印象的すぎて。。有沙瞳ちゃんは、あの『赤と黒』のレナール夫人を残せただけで、いつまでも宝塚の元娘役として語り継がれると思います。あれは本当にすごかった。また退団の挨拶の語り方がうますぎて、、。もはや芝居劇の朗読レベル。

これからは、どちらかといえば、ミュージカルよりストレートプレイで活躍してほしいし、またそれができる方です。

・小桜ほのか(ソレーヌ役)

こちらもリュシル(詩ちづる)より、ずっとよいお役でしたよね。

小桜ほのかさんは、きれいなソプラノで歌える方ですが、今回は思いっきり地声で感情を乗せて歌っていました。『アルジェの男』で儚い目が不自由な女性を印象深く演じ、『赤と黒』で圧倒的なうまさを見せつけ、いやあすごい娘役さんですね。この方も外部でミュージカルで活躍できますね。いやいや、有沙瞳ちゃんが退団した後、星組には小桜ほのかさんは絶対に必要でしょうから、まだまだ在団していてください。

・瀬央ゆりあ(アルトワ役)

アルトワがもう思いっきり嫌な奴だったので、それは瀬央さんのうまさだったという証拠ですよね。あと歌が上手い!はっきり言って、きのう見た中では、礼さんの次に瀬央さんが歌が上手かったと思います。瀬央さんの声は前に出て伸びている。だからミュージカルでも聞きごたえがある。

もう最後の礼さんとのやりとりは、ふたりの絆の強さをあらためて感じ入るばかり。

ご挨拶で「新しい可能性があるならば、それに挑戦したい」と専科行きに際してのお気持ちを表明していました。もちろん「まだ何かできる」というご本人の気持ちがまずあっての決断だったと思いますが、ことちゃんがトップのあいだは専科からも見守る気持ちなのかな、、と思ってしまうぐらい、お二人の友情(一心同体)は固いものがありました。